NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2021年 8月 8日
「【シマウマ】仔シマウマ」

こんにちは。

HPのお知らせに掲載した通り、7月31日に雄のシマウマが生まれました。
浜松市動物園でシマウマが誕生するのは約10年ぶりです。

当園にはエレン(♀)とジャスミン(♀)しか飼育しておらず、繁殖することはあり得ません。
シマウマの妊娠期間は13~14ヶ月と言われています。ジャスミンは今年の3月に広島から来園した個体で、来園時にすでに妊娠していたことになります。


さて、昨日の開園前にエレンとジャスミン・仔を放飼場で合わせました。

↑手前がエレン

1時間ほど合わせましたが、3回ほどケンカになり、放飼場を走り回っていました。
仔もしっかり走ることができるため、落ち着いて逃げていたので、ケガすることなく過ごせました。
エレンとジャスミンは傷だらけですが、大きなケガはなく、食欲もあるので心配しなくても大丈夫です。



↑仔はまだ小さいので、ダチョウやシマウマが入ることのできない所にも柵をくぐって入ってきてしまうことがあります。
(後ろに見えるのがジャスミン。柵の中に入ってきておしっこをしているのが仔)



↑今回産まれた仔はかなり図太いのか?警戒心が薄く、キリンが近くにいても気にせず休んでいます。

↑ジャスミンもキリンは何もしないと思っているのか、リョウと木陰で仔を休ませて、必死に草を食べていることも…

ジャスミンは、シマウマのエレンが近くにいると追い払ったり、警戒したりするのですが、キリンが近づいてきてもそこまで気にすることもなく過ごしています。
ただ、キリンのリョウはダチョウを踏んで足をケガさせたことがあるので、見ている飼育員はヒヤヒヤしています(;^ω^)

エレンとジャスミンと仔が3頭で落ち着いて過ごせるようになるといいな…。

おまけ
ぐっすり眠る仔


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会