NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2021年 7月 23日
「【特別企画展】「身のまわりにいるどうぶつ展」クラフト体験やります!」

皆さんこんにちは。

浜松市動物園では毎年、飼育員主催の特別企画展を開催しています。

今年度の企画展タイトルは「身のまわりにいるどうぶつ展」です!
私たちの「身のまわりにいるどうぶつ」である『家畜』にフォーカスを当てた企画展です。

今日は、期間限定の屋内イベントの告知をします!!

イベントは「羊毛のクラフト体験」です♪
羊毛でフェルトボールを作り、好きなビーズと組み合わせて
自分だけのオリジナルストラップを作ることができます。

↑ストラップの完成イメージはこんな感じ。

このフェルトボールの原料になっている羊毛は、
園内で飼育しているヒツジのコハル♀の毛で、
今年の5月に毛刈りしたものを飼育員が洗浄し、ほぐしたものです。

ほぐす、と言っても…
刈った羊毛をクラフト体験で使えるように準備するのは結構大変!

まず、毛刈りした羊毛の表面は汚れがついているので、
はさみでカットして、きれいな白い部分を集めます。

↑左から刈りたての羊毛・汚れを切り取った羊毛・その拡大写真

その後、洗剤とお湯で優しく押し洗いして
5回ほどお湯を換えると毛についた汚れや油分が落ちます。

↑左から、洗浄1回目・3回目・5回目・洗浄完了

水を絞って乾燥させて、スリッカーでほぐすと
こんな感じにふわっふわになります!

↑左から日干し・乾燥後の羊毛・ほぐした同量の羊毛


こうしてキレイになった羊毛を、クラフトで使います!

皆さんが冬に身につけるセーターやマフラーの元となっている毛糸は
ヒツジやヤギなどの動物の毛を丁寧に加工して作られたものなんですよ~!

このクラフト体験を通して、羊毛に直接触れて、
家畜を身近に感じてもらえたらうれしいです!


告知(?)が長―――くなりました、すみません(・・;)

イベントは開催期間内の毎週土曜日13:30から行います。

会場は動物愛護教育センター2階の多目的ホール(動物園内)です。
体験は無料ですので、ぜひご参加ください!

なお、13:20頃から会場で整理券を配布しますが、
定員が埋まり次第、受付を終了とさせていただきますのでご了承ください。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会