NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2021年 7月 10日
「【ホッキョクグマ】バフィンとモモ♬&行動解説」

皆さんこんにちは!
今日は気持ちいいぐらい晴れましたね☀️
いかがお過ごしでしょうか~


バフィンとモモは元気です🐻


はじめに!

先日、スイカを頂きました🍉
この場を借りて、お礼申し上げます。

☆素敵な差し入れをありがとうございました!☆
(バフィンはそのまま、モモはキンキンに凍らせておやつに出しました)






・バフィン
活動的です。
プールと草場を多い日で3回ぐらいは行き来しています。

先々週入れた丸太(小)が気になるのかよくいじっています。

※体が黒いのは皮膚の色です。(ホッキョクグマの皮膚は黒色)換毛により抜けています。腰、腹回りが特に抜けています。






・モモ
のんびり過ごしています。

観察のためにプールで遊ぶ姿を獣舎の裏から撮ろうと忍びよると、いち早くこちらに気付いたモモが逆に忍びよってきます。

(匂いや音に対する感覚が鋭く、飼育員に気付くと寄ってきてしまうので、自然なモモ写真を撮るのは難しいです、、(笑))



【行動解説】

モモはたまに立つことがあります。


(※過去の写真です)

来園者の方々からは『お~』と歓声が上がります。

いったい何のための行動なのでしょうか~??
 ・
 ・
 ・
 ・

この行動目的は遠くを見るためです!

ホッキョクグマは遠くに気になる物がある時、よく見ようと立ちます。(自然下でも見られる行動です)

モモは4つ足目線で約1m、2つ足目線で2mの高さです。
高い視点のほうがよく見えますよね、強靭な足腰がなせる技でもあります。



モモが立ち上がった時は目線の先に何かあるのかも知れませんね♪


(※過去の写真です)


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会