NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2021年 6月 20日
「【キリン】世界キリンの日」

こんにちは。
本日11時からキリンのガイドを行いました。
短い時間でしたが、来てくださった皆様ありがとうございました(^^)/
動物園協会で用意した缶バッジはすぐに完売していまい、購入希望の方全員に販売できませんでしたが、お客様同士で譲り合って購入していただき、本当にありがとうございました。
売り上げは当園の動物たちのために大切に使わせていただきます。


さて、明日6月21日は世界キリンの日です。

日本には現在、58の動物園で約190頭のキリンが暮らしています。
どこの動物園に行っても当たり前のように見られるキリンは、動物園ではメジャーで身近な動物に感じられますね。
キリン柄のグッズも当たり前のように売られていますし、彼らに絶滅の危機が迫っているとはなかなか感じられないと思います。

キリンたちは本来日本から遠く離れたアフリカのサハラ砂漠以南にしか生息していません。
現在、キリンの研究が進み、キリンたちの生息数がかなり減少していることが分かっています。中でもマサイキリンはこの30年で半分以下に減ったといわれています。
動物園やテレビなどで見られる動物たちが、野生にもたくさん暮らしているとは限りません。

この先もずっと、キリンたちをはじめ多くの野生動物たちが、地球で暮らしていけるよう、
私たちに何ができるのか?野生動物が数を減らしている原因はどうして起こるのか?を少しでも考えてくれたら嬉しいです(^^)/

現在、当園で暮らしているキリンの最年長はオスのリョウで、10月に12歳になります。
キリンの寿命は20~25年だとされているので、
例えば、今日動物園に足を運んでくれた子供たちが大人になって浜松市動物園に来た時には、もしかしたらリョウはもういないかもしれません。

動物園に行って動物を見られることは決して当たり前ではない、今日出会った動物たちにまた会えるとも限らないのです。

また、近いうちに動物園に足を運んでくれると私たちもとても嬉しいです(^^)/


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会