NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2021年 3月 27日
「【シマウマ】エレンとジャスミンの相性は…?」

こんにちは!

さて、現在エレンとジャスミンの同居練習をシマウマ舎サブパドックにて行っています。
まだジャスミンは大放飼場へは出していません。



というのも…

(手前:ジャスミン 奥:エレン)
お互いに落ち着いてエサを食べているように見えても…



この時はエレンから吹っ掛けて…




闘争しています(;^_^A


シマウマは本来群れ生活をし、群れの中での社会性がある動物です(群れのリーダーや上下関係など)。

おそらく、現在2頭はお互いの順位付けをしてます。
まだ決着はついていないため、落ち着いて過ごしているように見えても、お互い距離を保ち、一緒に餌を食べる事はしません(同じタイミングでそれぞれ餌を食べていても、同じ場所で餌をシェアして食べる事はしません)。
今までに同居練習は3回行っていますが、毎回パドックに出した瞬間から闘争が始まります(-_-;)

ジャスミンとエレンのお互いが納得できるまでは、おそらく毎日闘争は起きると思います。

(キリンのリョウは何しているのか?とよく見ています)

エレンはシマウマに対してはあまり強気に出れないタイプで、元々いた園では群れの中でうまくなじめずいじめられていたこともあり、シマウマとしてはあまり強い個体ではないと思っています。
それに対して、ジャスミンは強気で好奇心が強いところもあり、エレンは押され気味です。

ただ、エレン自身も浜松に長く住んでいたことから、自分のテリトリーに新しく入ってきた他のシマウマに負けたくないという意地があるようで、なかなか折れません。
また、エレンの方がジャスミンより体が大きいこともあり、コテンパンに負けることもないのです。

しばらくは、毎日闘争してしまうかもしれませんが、お互いが納得するまで様子を見ようと思っています。

2頭とも大きなケガはしていませんが、特に顔と首の噛み傷・擦り傷が多く、毎日新しい傷ができるため出血もしていることがありますが、本人たちは元気ですので、問題ありません。

闘争せず、落ち着いて過ごせるようになったら大放飼場に出していこうと思っています(現在は収容をスムーズに行うためにエレンだけ大放飼場に出ているときがあります)。

いつになることやら…(~_~;)



おまけ
↓闘争を始める前の様子


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会