NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2021年 3月 26日
「【いのちのふれあいゾーン】ウォットのミニ水族館リポート②・本日の様子」

皆さんこんにちは!
今日はカラッと晴れていい天気でしたね~。
ご来園いただいたお客様、ありがとうございました!

今回は現在動物園で開催されている
ウォットの「ミニ水族館」のリポート第2弾です!。
(会場は動物愛護教育センターの2階 多目的ホールです!)

動物園コラボということで、
動物の名前が付いたサカナや、浜名湖に生息する生き物を展示しています!

その中でも、私が気になったサカナをご紹介します!♪

一種目は「サンゴタツ」です!

↑上:どこにいるか、分かりますか?
   (左上の方にいますよ~)
 下:小さく透明なヒレがあります。

「サンゴタツ」はトゲウオ目ヨウジウオ科に属するタツノオトシゴの仲間で、
英名がJapanese seahorse(海のウマ)といいます。
汽水湖である浜名湖にも生息していて、
アマモなどの海藻に尾部を巻きつけとどまっていることが多いそうです。

こちらの水槽では、人工アマモ(上の写真の緑色のもの)を入れて、
生息環境を再現してありますよ!

ちなみに、サンゴタツはヨウジウオ科の生き物ですが、
同じ水槽に「ガンテンイシヨウジ」というヨウジウオも展示されていますので
似ているところを探してみると面白いかもしれません!


二種目は「オオウナギ」です!

ウォットと言えば、「オオウナギ」ですよね!
(そう思っているのは私だけでしょうか…笑)


先日、某人気動物番組で取り上げられたオオウナギ。
今回のミニ水族館ではすごく近くで見ることができます!

体表にはまだら模様があり、最大で2mにもなるそうです。
この水槽のなかにいるオオウナギもなかなか大きい…
その大きさにびっくりすること間違いなしですよ!

他にもオオグソクムシやシロウミウシなど、
魅力的な生き物がたくさんいます。
ポスターや看板もじっくり読むと面白いですよ!



↑上:オオグソクムシ
下:ウォットのポスター

ウォットのミニ水族館は28日まで開催しています、
ぜひお立ち寄りください!


最後に、本日の様子を載せますね!
ぽかぽか暖かいので、動物たちはのーんびり過ごしていますよ!

↑フライングケージのカルガモとルリコンゴウインコ
↓クロカンガルーとシバヤギ


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会