NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2021年 3月 27日
「【ヤギ・ヒツジ】放飼場に珍客?!」

皆様こんにちは!

今回は、いのちのふれあいゾーンがオープンした日に
ヤギ・ヒツジの放飼場に現れた珍客をご紹介します!

昼頃に放飼場の掃き掃除をするんですが、
いつものようにパーゴラ(放飼場内にある屋根)の下を
掃除しようとしたときに見つけました。

引きの写真です、真ん中にいるのが何かわかりますか?
(私は最初見たとき、踏みつぶされたフンかと思いました。笑)

正解は・・・

そう、こちら珍客の「イナゴ」です!!
ちなみに「イナゴ」はバッタ科イナゴ属の昆虫で3㎝程度の大きさです。
顎の下に鋭く尖った突起があるのが特徴です!

せっかくなので、ヤギとヒツジに見せてみました。
ちょうどエサの時間だったので、
5頭ともエサに夢中でなかなか気づかず…
ヒツジたちはエサしか見ていません。
ヤギたちは、気づいてもこの表情。笑

↑ラン(左)もハク(右)も食べるのに必死です。

↑気づいて鼻を近づけたハク。
においを嗅いでみるものの、一瞬で終わりました。

最近はイナゴの生息数が少なくなっているらしく、
私自身もこの時に初めてイナゴを観察することができました。

春になって温かくなると昆虫も活発に動き出すので、
動物園で自然観察をしてみるのも楽しいですよ。

園内を歩きながら、足元や植物に目を向けてみると
新たな発見があるかもしれませんよ~(^^)


最後に、ラン(♀)がイナゴに気づいたときの
動画を貼っておきますね!
ランがどんな反応をしたのか…見てみてください。笑

 3月


windows向け映像iphone,ipad向け映像


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会