NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2021年 3月 14日
「いのちのふれあいゾーン【オープンまであと6日!】~クロカンガルー編~」

いのちのふれあいゾーンオープンまであと6日!!
いのちのふれあいゾーンは3月20日(土)オープンです!!

オープンに向けて、この新エリアで飼育している
動物たちの紹介をしていきたいと思っています🎵

今回はカンガルー達についてのブログです☆

当園では、浜名湖ゲート付近の放飼場でクロカンガルーを飼育していましたが、
今回の再整備で放飼場がリニューアルして、カムバックです!
なので改めて、クロカンガルーについてご紹介したいと思います。


新しい「いのちのふれあいゾーン」では
現在クロカンガルーを20頭飼育しています。

クロカンガルーは日本国内では5つの動物園でしか飼育していない、
すこしレアなカンガルーです。
大型カンガルー3種の中で最も体が小さく、
名前の通り全身の毛が少し黒っぽい茶色です。

5本指の前肢や、ジャンプに使う大きな後肢、
太くて立派なしっぽなど、観察してほしい所が盛りだくさんです!

カンガルーや薄暗い時間に活発に動く動物なので、
日中はゴロンと横になってすごしていることが多いです。
よく「休日のおじさんみたい」なんて言われてしまいますが…笑

新しいエリアの放飼場は2つに分かれています。

小さい放飼場では、モロゾフ(♂)と4頭のメスたちが、
大きな放飼場では、モロゾフ以外のオスと5頭のメスたちが飼育されています。

モロゾフ(♂)は当園で唯一繁殖が可能なオス個体なので、
血族以外の繁殖可能なメスと同居させています。
まだ若い個体ですが、段々とオスらしくなり、
がっちり筋肉が付いた体になってきました!

国内でも飼育頭数が少ないクロカンガルーですので、
様子を見ながら繁殖に取り組んでいきたいと思っています。

柵越しではありますが、近くでカンガルーたちを見ることが出来るので
じっくり観察してみてくださいね!


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会