NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2021年 3月 13日
「いのちのふれあいゾーン【オープンまであと7日!】~ミニチュアホース編~」

いのちのふれあいゾーンオープンまであと7日!!
いのちのふれあいゾーンは3月20日(土)オープンです!!

オープンに向けて、この新エリアで飼育している
動物たちの紹介をしていきたいと思っています🎵

今回はミニチュアホースについてのブログです☆

3月上旬に新しくミニチュアホースが仲間入りしたのでご紹介します!

ミニチュアホースとは 体高が80cm 以下のウマのことを言います。
体高は、足先~き甲(首と背中の間にある隆起した骨)の間で測ります。
ちなみに競馬でよく登場するサラブレッドは 体高が160cm ~ 175cm なので、
ミニチュアホースがはるかに小さいのがお分かりいただけるかと思います。
一般にポニーに比べ四肢が短く、ずんぐりと丸みのある体形が特徴です。
毛色は様々で、鹿毛や栗毛、月毛などの名称があります。

仲間入りした個体の名前は「くろごま」で、担当者が名付けました(^^)
まだ1歳のオスです。

くろごまは、現在の体高が約65㎝とミニチュアホースのなかでも小柄です。
大型犬のゴールデンレトリバーとだいたい同じぐらいの体高です。

現在はふわふわの冬毛なので、茶色が混ざり、
「青鹿毛」や「黒鹿毛」のようですが
本来は「青毛」という真っ黒な毛色です。
段々と真っ黒になっていくと思います!

↑上からみるとこんな感じ。


引っ越してきたころから人によく慣れていて、
ブログ用に写真を撮ろうと放飼場に入ると近すぎて写真は撮れないほど
飼育員に近寄ってきます。

↑まさにこんな感じでグイグイ近くに来ます、どアップです。笑

最後にくろごまの写真を何枚か貼っておきますね!

↑長靴に鼻を近づける…。

いのちのふれあいゾーンのオープンまで
1週間を切りました。

皆さんのご来園を動物たちとともにお待ちしています!🎵


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会