NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2021年 1月 22日
「【キリン】いつもとちがうところにいます②」

こんにちは、前回の続きです。



そもそも、なぜシウンはサブパドックに入ってくれなかったのでしょうか?


キリンの本来の性格は、警戒心が強い・神経質など、大きな身体をしている割には臆病な性格をしています。

ただ、飼育下にいるキリンは普段から安心できる場所で過ごしているため、そういう風には見えません。
シウンも、エサがあれば何でもできる!性格のため、
すぐにパドックに入ってくるだろうと思っていたのですが、意外と警戒心が強かったです(;^ω^)


また、キリンそれぞれ性格や年齢が異なるため、
リョウとルイは怪しいと思ったかもしれませんが、好奇心が勝ったために、パドックを開放した日に入ってきましたが、
シウンは怪しいと思って入らなかったのです。




さて、シウンが入らないからといって何か問題があるわけではないですが、
サブパドックに入ることができると工事がある際などにキリンたちを移動しやすいので、晴れた日にリベンジしました!

さて、サブパドックを開放すると早速シウンとルイが出入口に来ました。
ダチョウは何かもらえるのも?と一番に入ってきました。


入りそうな予感…!



ルイしか入って来ず…(=_=)
(右の出入口あたりにいるのがシウンです)

子どものキリンは大人のキリンに比べて好奇心が強いことが多いです。
ルイは生まれたばかりの頃から、キリン以外の動物に対しては警戒心が強かったですが、
初めての場所に対してはあまり警戒せず入ってくることが多かったです。

15分ほど待ってみると、ゆっくりとシウンが入ってきました。
(左で葉っぱを食べているのがルイです)

入ってきても、すぐにエサを食べることはせず、パドック内の気になるところをチェックしてから…

ルイと一緒に葉っぱを食べました(^^♪

シウンにとっては、まだ安心できる場所ではないので、時間をかけてゆっくり慣れていければいいなと思っています!






おまけ

鉄管パイプに被せてあるキャップを外すシウン。
キャップはしっかりはめているのでなかなか外れないのですが、口をうまく使って外していました。
(リョウもルイもそんなことしなかったのに…)


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会