NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 9月 22日
「【エゾヒグマ】祈りを込めて」

皆さんこんにちは!
昨日の21日に【エゾヒグマ】のピリカとゴローに日頃の感謝とこれからの健康を祈り、プレゼント(フルーツの盛り合わせ)をあげました!

▽おそらく国内最高齢(35歳)には見えない熊<ピリカ>
▽健康すぎる熊(22歳)<ゴロー>

プレゼントはボランティアの方々が盛り付けをしてくださいました。ありがとうございました!

プレゼントは2か所に置き、ピリカから先に運動場へ
その後ゴローが出てきて、2頭はそれぞれ食べ始めました。ゴローのほうが先に食べ終わりピリカのほうへ行き食べ途中の横からガツガツ、ピリカはゴローの食べかすのほうへ行き残りをペロペロ・・・

ここらへんのやり取りは特に喧嘩をするわけでもなく、ピリカがうまい具合に調整しているのか2頭にしかわからない間合いがあります。


▽イベントの様子①

今年は梅雨の期間が長かったり、浜松は41°を観測したりなどいつもとは違う夏でした。対策としてスポーツ飲料水に似た成分の薬用粉を混ぜて水を作り与えたり、水を地面に流したりなどを行い、ピリカとゴローは無事に秋を迎えられそうです。
秋から冬はピリカは足を以前悪くしたこともあり、担当は特に注意しながら飼育管理をするそうです。また去年の9月末では11月にかけて、もう一度換毛をするという予測不能な事態がありました。ここも対応するそうです!

▽イベントの様子②

ピリカは35歳!ヒグマの平均寿命(20~25歳)
それだけでも素晴らしいことであり、いつもパワーもらっています!これからも健康で充実した生活を送れますように


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会