NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 9月 16日
「【カンガルー】ふくろはオスにもあるの?」

こんにちは、カンガルー担当です!

最近は涼しく過ごしやすい日も増えてきましたね♪
相変わらず、カンガルー達は日中ごろんと横になって過ごしていることが多いです。

と、そんなカンガルー達を観察しているお客様から
よく聞こえる声が、タイトルの質問です。
「カンガルーってオスにもふくろはあるの?」

答えから言ってしまうと、オスはふくろを持っていないです!

この「ふくろ」は正式には育児嚢(いくじのう)と言います。
(以下、育児嚢と書きます!)

こちらがオスのおなかの写真。

おなかは真っ白な毛におおわれています。
凹凸はなく、育児嚢がないことが分かりますね

一方メスのおなかの写真がこちら。

おなかの毛が白いのはオスと同じですが、中央が茶色っぽく窪んでいるのが分かりますか?

ここが育児嚢の入口(↓の部分)です!

立っている状態だと少し見つけにくいですがここにあります。

カンガルーの育児嚢はポケット型ではなく、巾着型で伸縮性があります。
赤ちゃんは約5か月間、この育児嚢の中でどんどん大きくなるので
大きくなって、中で動き回っても大丈夫なように
伸び縮みするようになっています。


そしてときどきメスが自分の育児嚢に顔を突っ込んでいることがあります。

赤ちゃんがいるメスに見られる行動なんですが、
赤ちゃんが居なくてもこの行動をしていることが
たまにあります(・・;)

それにしてもなんて柔らかい体なんでしょう…!

現在妊娠している個体はいませんが、
メスを近くで見る事が出来たら
ぜひ観察してみてください!

メスはオスに比べ体が小さいので
小さな個体のおなかを観察してくださいね!(^^)


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会