NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 8月 21日
「【ホッキョクグマ】バフィンとモモ♬&自由研究」

皆さんこんにちは!
いや~今週の浜松はとても暑かったですが、どうお過ごしでしたか?
バフィンとモモは穏やかにすごしていますよ♪
(私は飲料水2Lを装備して仕事しています笑)

【最近の暑さ事情】

・バフィン
日中は運動場のあちこちの日陰で横になっていることやプールで半身浴していることが多いです。日なたでも横になってる時があり「暑くないのかな?」と思うこともあります。
11時過ぎごろからバフィンが扉付近にいることが多いので、少しでも冷気をと扇風機を設置しました。

・モモ
以前より自分から冷房の効いた部屋と運動場の出入りをすることが多くなった気がします。涼しいとわかって自分で調整するようになってくれたらとても良いと思います。

≪※ホッキョクグマ運動場では暑さ対策のため、夏場は冷房の効いた部屋と運動場の出入りを自由にしています。≫

【自由研究】

さて、皆さん動物園にいるホッキョクグマはこの時期、体毛が緑色になることがあります。

今回、この緑色の毛について顕微鏡で観察してみました!
(緑色の毛が落ちていなかったので、抜けた毛を数日間水に浸し緑色になるまで待ち、観察しました)

▽下の写真を見ながら解説します。
(観察結果)
顕微鏡で見ると、1本1本の毛の外側を緑色が覆っています。
※写真が見えずらくごめんなさい
そして実は毛の中も薄く緑色になっていました。
この毛が何百、何千本と密集していると、緑色の毛が生えているように見えるんですね。


実はこの緑色現象、原因など詳しくは検索すると色々情報が載っていて、前々から私も既に知っていました(笑)
ですが、ホッキョクグマ担当として実際にどんな感じに毛が緑色になっているか、この目で確かめたいと思い見てみました。

気になったことを実際に確かめてみる、、少し自由研究みたいで面白かったです!


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会