NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 8月 7日
「【ホッキョクグマ】バフィンとモモ♬&怖い話」

皆さんこんにちは!
梅雨が明け暑い日々が続きますね~
バフィンとモモは穏やかに過ごしています!
私は今週ずっと汗だくでした(笑)


・バフィン
朝の早い時間の半身浴の後、特に日差しの強い日は運動場の隅の日陰にいる時間が多いです。梅雨が明け、おやつの氷をあげています。(リンゴをミキサーで粉々にし水で凍らせたものです)

先日、差し入れでスイカを頂きました。ありがとうございました!!キンキンに凍らせて2頭のおやつになりました。

・モモ
先月から新しいおもちゃをあげました。暑さ関係なしと言わんばかりのはっちゃけぶりです。
(おもちゃよ、出来るだけ長く耐えてくれ、、。
そして新しいおもちゃは毎日運動場にあるわけではないので、その日に来たらラッキーぐらいでお願いします。)
近くでよく見ると換毛により鼻先と頬あたりが少し黒色になってきています。ホッキョクグマの皮膚は黒色!という情報をご存じかもしれませんがお伝えします。

【少し怖い話】
夏なので、3日前に体験した少しヒヤッとする話をします。



ホッキョクグマ獣舎の中でのこと。
私は脚立(はしご)を使う用があり、普段あまり立ち寄らない部屋の一角に取りに行きました。


私『どこだ脚立、脚立、、、あっあった』と手を伸ばすと脚立の上に何かのっていました。

わかりますか?


まじまじと見るとそれはヘビの抜け殻でした!!!
(おそらくアオダイショウ)

千切れ落ちた抜け殻を合わせると約170㎝となかなかの大物でまさかまだここにいるの!?とあたりを見ましたが幸いにもいない様子でした。



いや~私が普段2頭の部屋の掃除や、餌切り、部屋での様子を見ている傍でヘビが潜んで脱皮していたと思うと冷や汗もんですね(汗)

皆さんも普段見ないところに、とんでもないものがあるかもしれませんよ。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会