NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 7月 23日
「【シマウマ】ウマなのか?それとも…?」

みなさんは、この動物の名前を知っていますか?

シマウマですね!


でも、考えたことありませんか?
シマウマは、そもそもウマなのか?ロバなのか?と…。
シマロバじゃないのか?とか…、思いませんか?
そんな疑問について話したいと思います!!

当園には、ウマ(ポニー)とロバが暮らしているので、説明します。

ウマから説明します。(写真はルビーです。)

たてがみは、ヒトの髪のように伸び続け、毛だけでは自立せず、垂れていることが多いです。
尻尾は、根本から長い毛が伸びていて、これも長すぎると邪魔なので定期的に長さを切り揃えています。
耳は、短いです。
鳴き声は、ヒヒーン等、皆さんの想像するような鳴き声をしています。

次にロバについて説明します。

たてがみは、短く、垂れることはありません。
尻尾は、尻尾の先に長い毛が生えています。
耳は、長いです。
鳴き声を聞いたことがある方はわかると思いますが、見かけによらず結構大きな声で鳴きます。すこし苦しそうに鳴きます。
写真では見えませんが、ロバには鰻線(まんせん)というものがあり、肩と背中のあたりに黒い十字の線模様がついています。

シマウマは、写真の通りどちらかというと、ウマよりもロバに近い身体つきをしています。
耳も大きめです!
鳴き声もウマよりロバに似ていますが、滅多に鳴きません。


シマウマと呼んでいますが、実はロバに近い動物なんです!

調べるとわかりますが、シマウマはロバの近縁種にあたります。
海外ではシマウマのことをシマロバと表現する言葉もあるようです。

知らなかった方も多いと思いますが、来園した際は、ぜひロバとシマウマとウマを比べてみてくださいね(^^)/


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会