NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 7月 9日
「【ホッキョクグマ】バフィンとモモ♪おもちゃの話①」

皆さんこんにちは!
今週は雨続きでやってられいん!な気持ちですが、いかがでしょうか。
バフィンとモモはのんびり過ごしています。

・バフィン
雨のおかげで運動場の草がさらにモリモリと生え、バフィンの好奇心を刺激しているようです。毎朝、草の茂り具合をチェックするのが日課になりつつあり、何本か雑草を抜きます。

・モモ
先週クマたち宛にトウモロコシの差し入れをいだだきモモにもあげました。(差し入れ誠にありがとうございました!)
トウモロコシを発見したモモは少し匂いを嗅ぎ、かじり、そして投げていたとか…

【おもちゃの話➀】
はじめに、先月おもちゃ(ブイ)をサポーター資金にて購入させていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。


運動場に置いてあるおもちゃですが、単に来園者の方々に『お~よく遊んでいるな~』とお見せする意味(もちろんその姿を見てホッキョクグマに興味をもっていただけたら嬉しいです)だけでなく、動物自体にも身体的な運動量の確保や刺激による精神の影響、行動習性の発現(探査行動や摂食行動)など様々な意味があります。

なので飼育職員はどういうおもちゃを置くと、こんな行動に繋がるのかもしれないと考えてみたり、他園に行ったり他園のHPを見て参考にしたり、ある程度予想して置いたものが思った以上に興味を持たれることもあったりなかったり、よく遊ぶからと頻繁に置くと飽きられたり…突き詰めると奥が深いです。(ここでは動物の安全が確保されていることが最低条件です)


来週はそんなおもちゃたちの紹介です。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会