NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 7月 1日
「オランウータンのヒ・ミ・ツ♡」

こんにちは!
今日はオランウータンのお話しです!

皆さんオランウータンにどんなイメージを持っていますか?
茶色い、身体が大きい、オラ打―たん等、色々あるかと思います。

オランウータンの特徴の一つとして、腕の長さがあります。
動物園で見たことがある方はご存知かと思いますが、類人猿は非常に腕が長いです。
どれくらい長いかといいますと、

まずこちらをご覧ください。
こちらは、オランウータンの真似をする飼育員です。

では次に、この真似の元となる写真をご覧ください。

この写真、オスのオランウータン「バリ」の何気ない普段の様子を撮影したものです。


いかがでしょう?
同じ場所を掴んでいるのですが、こうして比べるとオランウータンの腕がいかに長いかよく分かりますね。
飼育員の場合、まず地面に体が着きません。

写真のポールは、地面からの距離が約130㎝あります。
大体女性の胸から肩の辺りくらいですね。
そして、男性スタッフの腕の長さが大体70㎝でした。
体勢や胴の太さ等を考慮しても、バリの腕の長さは100~120㎝といったところでしょうか
なっが~い(*´Д`)
ではなぜこんなにも長い腕を持っているのでしょう?
それは、樹々の間を伝って移動したり高い場所の果実を採ったりと、自然界で生活していく上で非常に重要になるからです。


今回比較したのはオランウータンでしたが、来園した際はゴリラやチンパンジーの腕に注目してみるのも面白いかもしれませんよ!


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会