NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 6月 27日
「実は新入りインコ」

こんにちは!
今回は「オウムインコの日」で登場したインコについて書きます。

そうです、このルリコンゴウインコ。

名前はレイ(♀)です。


実は昨年冬に当園のフライングケージに引っ越していました。

↑引っ越してきた当初、木の上で様子を伺うレイ


当園のフライングケージにいらした方はご存知かと思いますが、
ハトやカモ、トキ等の十数種類の鳥類が自由に飛び回るケージ内は
初めて入ったレイにとってはきっと驚きの連続だったと思います。笑

最初こそ専用の留まり木ではなく、ケージ内の高い所に留まっていましたが、
最近は専用の留まり木にいる時間が増えてきました。


もちろんインコなのでケージ内を飛び回っていますが、
飼育員がエサを持ってくる時間は留まり木に戻ってきます。

エサの中では、落花生やヒマワリの種などの種子類と
オレンジ・煮たサツマイモが好きです。

野生下では様々な種類のものを食べるので
エサはリンゴやオレンジのフルーツや小松菜などを与えています。

他の鳥類に比べ味覚が発達しているので、
脂肪分の多い種子類や甘みのあるものが好きで
選びながらなんですね(・・ )


また、先住インコのイロハ(♀)との関係も良好で、よく並んでいます。
左の黄色いのがレイ、右のオレンジ色のがイロハです。

レイは朝やご機嫌が良いときは、たまーにですが「オハヨ」と喋ります。
カメラを向けると喋るのをやめてしまうので動画は撮れていませんが…(・・;)

エサが欲しいときや何か欲求があるときは「ア゛ッ」「ァアアア!」と短く鳴きます。

最後に仲良く並んでいたレイとイロハの写真を貼っておきますね!
どの場所からとっても同じような写真になってしまいますが。笑

現在、フライングケージは園内の再整備に伴い閉鎖中なので
まだしばらくインコたちを見る事はできませんが、
またの機会にブログで紹介していきたいと思っています!


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会