NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 5月 31日
「食いしん坊」

こんにちは!
今回はポニーについて書きます。

当園で飼育しているポニーは現在3頭、トニーとチャチャとルビーがいます。
今回はその中でも一番の食いしんぼうであるルビーについてお話します!

12月にカンガルーが隣のパドックに引っ越してきてから、はじめこそはカンガルーにビビッていたルビーですが、
現在は特になにも気にせず過ごしています。

↑カンガルーが引っ越してきてから、よくポニーのパドックに枝が落ちるようになりました。




というのも、

ルビーはカンガルーのパドックに入れられる樹葉を食べたくて食べたくて仕方がないのです(=_=)

昼頃にカンガルーのパドックにエサの樹葉が入れられるのですが、毎回うらやましそうに見つめています。

(ルビーのエサは毎日充分な量を入れてますが、ぽっちゃり体型なのでダイエットのためにエサの量を少なめにしています。)

そして、このネット際に枝があると口や足を使って引き寄せて食べているのです。
毎日必死に食べています。

さすが食いしん坊…(-_-;)

ポニーは本来牧草を食べる動物ですが、草食獣であるので、樹葉を食べてもまったく問題ありません。

ちなみにルビーは、冬場にトニーの部屋の床材に敷いていたワラを足で引き寄せて食べたりとか、
トニーがお腹を冷やさないためにつけていた腹巻を縛っていたワラ縄を引っ張って食べてしまっていたり(はじめはなんでワラ縄がとれてしまうのか、そしてワラ縄自体がなくなっているのかわかりませんでした。)だとか、
とりあえず食べても問題ないものはなんでも食べちゃうくらいには、食い意地がはってます(;^ω^)

でも、先日削蹄師さんに
ちょっと痩せたね~!とほめられたので、ダイエット継続して頑張りましょう( ´艸`)笑


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会