NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 5月 6日
「仔トラだより②~成長中~」

関連記事
アムールトラのローラが出産しました!
アムールトラの赤ちゃんについて(続報)(1頭死亡のご報告)

過去のトラだより
仔トラだより①~1週間~



4月15日に生まれたアムールトラのローラの仔についてです。

すくすくと元気に成長しています。
朝モニターを見るたびに、(´-`).。oO(なんか昨日よりデカくなってる気がする…)と思います。
日に日に大きくなっていますね。文字通り。


トラなどのネコ科の動物は、赤ちゃんがとても未熟な状態で生まれてくるので、初期の成長がとっても早いです。
アムールトラは特に元が大きな動物なので、余計仔の成長が見て分かりやすいのかもしれませんね。

ちゃんと測ったわけじゃありませんが、大体今の体長が50~60cmくらいだと思います。
既に小さいネコくらいのサイズですが、まだ目も開いていないくらいの状態です。(大体1ヶ月前後くらいで目が開きはじめます。)
改めて、トラって大きいなぁと思ったり思わなかったりしますね。


母親のローラは余裕たっぷりで、仔が寝ているときは割と産箱から出てくつろいだりもしています。
休園中で人がいないということもあり、少しの時間ですが外まで出られるようにして、気分転換してもらったりもしています。

野生だと子育て中でも、食事(狩り)のために母親が仔から離れる時間が結構ありますが、動物園だとその時間はありません。
なのでいようと思えば1日中ずっと仔の側についていられますが、それだと母親も疲れてしまうかもしれませんからね。

まあ、1日中離れようとせずにずっと仔について面倒をみる母親もいるので、そのへんは性格とかによって違うんだと思います。
ローラは割と出歩きたそうな感じだったので、こういう時間も少しだけつくっています。


↓運動場に生えてたタケノコで遊ぶローラ(この後折って部屋まで持って帰ってきた模様)


↓ソーン(オス)の部屋に侵入してくつろぐローラ

ちなみに仔が起きて鳴き出したらちゃんとすぐに戻っていくので、別に子育てを面倒くさがっているわけじゃないです。
むしろしっかり見ていて、かつ余裕があり自分は自分でくつろいだり気分転換もできているので、何というかすごいなぁと思います。飼育員にも全然怒りませんしね。
まるで今まで何頭もの仔を育てあげたベテランのお母さんのようです。今回初産のはずなんですけど。


そんな感じで子育ては順調に進んでいますので、暖かく見守っていただけたら嬉しいです。
では、次回はまた写真が揃ったらということで…。




おまけ
いもむし


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会