NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 4月 25日
「【ペンギン】世界ペンギンデー」

皆さんこんにちは!
本日は『世界ペンギンデー』です。

世界ペンギンデー… ってなに?という方多いと思います。

≪由来:毎年の4月25日に南極にあるアメリカのマクマード基地にアデリーペンギン(suicaのイラストのペンギン)が姿を見せるので、研究者たちがそれを祝ったことが始まりだそうです。≫

現在ではペンギンが絶滅の危機にあるということを世界規模で考える日となっています。
(世界中にペンギンたちの抱える現状の問題を広めたり、保護、保全活動、環境問題について考えたりすることです。)

んーなんかすごく難しい話だし、そもそもそんなにペンギンよく知らないし(笑)・・・という方のために
今回は当園で飼育管理している“フンボルトペンギン” ってどんなペンギン??ということからご紹介していきます。

▽フンボルトペンギン

日本の動物園、水族館で一番よく見るペンギンです!日本の飼育数はおよそ2000羽!野生下の生息数の10%に及ぶといわれています。このペンギンは日本のように暖かく気温や気候に変動のあるチリーやペルーなんかに多く生息しています。(ペンギンは全て氷の上を滑っているわけではありません!(笑)このペンギンはサボテンやイネ科の植物がもりもり生えているところに住んでいます。)

日本の環境に似ているから飼育管理しやすいんですね~

ですがこんなに見る機会が多く、飼育数がとても多いフンボルトペンギンですが世界からみると絶滅が心配されているペンギンなんです。(特別保護区の島があるくらい大事に保護しています)

そんなフンボルトペンギンの生態や体の不思議は過去の記事や園内看板をCheck!

      ペンギンの子ども

      ペンギンの子ども10か月目

最後に!こんなに魅力たっぷりのペンギンたちに対して自分に出来ること、また日々の生活で改善できることなどをこの機会に考えてみてはどうでしょうか~



☆私の個人的にお気に入りの写真を張ります!
皆さんも自分の写真データを見返して、お気に入りのペンギンの写真を眺めてみてはどうですか~


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会