NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 4月 23日
「仔トラだより①~1週間~」

関連記事
アムールトラのローラが出産しました!
アムールトラの赤ちゃんについて(続報)(1頭死亡のご報告)


今日は4月23日、生後7日目、1週間です。
4月15日にアムールトラのローラが3頭の仔を出産してから、今日で生後7日目となりました。(生まれた日は生後0日目としてカウントしますヨ。)

やっと1週間です。

なにが「やっと」かというと、1週間というのはひとつの区切りだったりするんです。
もし生まれた仔が何かの問題を抱えていたり、お乳が十分に飲めていないと、大抵の場合1週間のうちには死亡してしまったり、衰弱します。
(実際、3頭のうちの死亡してしまった1頭は、生まれた日の夜には衰弱が見られ、その翌日~翌々日には死亡してしまっています。 詳細はこちら)

また、母親側も出産過程でなにか問題があった場合(例えば、お腹の中に死んでしまった仔や胎盤が残っているなど)も、1週間経っていたら間違いなく影響が表面化して、普通に過ごせなくなります。

つまり、逆に考えれば、1週間後の時点で順調に生育しているのであれば、出産初期に起こりうる問題はおおむねクリアしている可能性が高いということなんです。

というわけで「やっと」1週間です。

現在のところ、母仔ともに問題なく、子育ては順調に進んでいます。
ローラは食欲旺盛で何の問題もなく子育てをしてくれていますし、仔もよく飲んで、よく寝て、よく鳴いて、順調に生育しています。

もちろん1週間大丈夫だったらこの先も絶対大丈夫、というわけではありませんので気を抜けるわけではないですが、1週間経っても安定しているということで、とりあえずひとつめの山場は越えたかなと、少しほっとしています。

基本的に頑張ってくれるのはお母さんなので、飼育員ができることはほとんどありませんが、これからも注意深く経過を観察していきますので、皆様も暖かく見守っていただければありがたいです。

仔トラの公開時期は生育状況や社会情勢等にもよりますが、順調に成長すれば、目安は約3ヶ月後(離乳の時期)前後くらいじゃないかと思います。
(注)あくまでも目安で、公開時期を保証するものではありません。

仔トラ達が無事に成長する頃にはまた動物園に気軽に遊びに行ける状況になっているように、今は外出自粛をして新型コロナウイルスの感染拡大を食い止められるよう頑張りましょう!

気が緩みそうになったら、1日中室内で子育てを頑張っているローラを見習って、「トラに負けてられんわ!」と自分を奮い立たせて気を引き締めるといいかもしれませんよ?












はい、真面目なのはここまで。


というかたぶん皆さんも、こんな字ばっかりのじゃなくて写真とかがたくさん載ってる記事を見たいと思うんですが、ぶっちゃけ写真がほとんどないんですよ。
今まで上げた写真は全部、観察用に設置している産箱内のカメラの、確認用のモニターに映ったちっこい映像をカメラで撮って使ってるという超原始的な方法でやってます。


「飼育員なんだからいくらでも写真撮れるでしょ」と思うかもですが、育児中はできるだけ静かに、極力人は近付かない・関わらないが鉄則でして、特に出産直後はデリケートな時期なので、飼育員もエサを部屋に投げ込む以外は基本ノータッチなんです。

覗き込むだけでもプレッシャーになる可能性があるので、食べ残しのエサがあるかどうか確認したりするのも、部屋の前を通り過ぎる風を装いながら横目でチラッと見るだけで済ませたりしてます。


まあ、どうしてもお世話の作業のなかで意図せずローラと目が合ってしまうこともありますが、そういうときも軽く会釈だけしてすぐに立ち去ります。 ※別に会釈は必要ないです。
名字も知らないアパートの隣の部屋に住んでいる人、くらいの距離感ですかね。


そんな状況なので、当然カメラをむけてハイチーズ、なんてできません。


そもそもそんなに気使う必要あるんかいなって話ですが、育児中は神経質になる個体はとことん神経質になるんです。
普段は割と人懐っこいような性格であっても、出産して母親モードになると人を見かけた瞬間に飛びかかってきて怒るくらい、コロッと反応が変わる個体も珍しくありません。
その辺は個体差も大きいですが、ローラは今回が初産でどのくらい神経質になるかが未知数だったので、こっちもかなり気つかい度MAXで接するようにしてました。


まあ、蓋を開けてみればローラさん、初産とは思えないくらい余裕のある子育てっぷりで、良い意味で予想を裏切られたんですけどね。
仔が寝ているときを見計らってこっそり産箱から出てきてひとりでくつろいでる時間もありますし、人を見かけても普通に鼻を鳴らして挨拶してくれたり、エサも普通に手渡しで受け取って気にせず食べたりと、「ベテランかな?」と思うくらい穏やかです。

ローラがこちらをある程度許容してくれていたので、ちょこちょこ様子を見ながら大丈夫なラインを探りつつ接して、今日一瞬部屋に入らせて掃除させてくれたので、今日はそのときこっそり盗撮してきた成果物を最後に載せて、終わりにしたいと思います。


初カラー写真の寝ている仔トラ達の写真です。
撮影時間2秒くらいなので少しぶれてますが許してください。

ローラが仔から離れるのは基本仔が寝たときだけっぽいので(エライですね)、たぶんこの先同じような機会があっても当分は同じような写真しか撮れなそうな気がするので、次回の仔トラだよりは違う写真が撮れたときくらいになると思います。
とりあえず、今のところ2頭の仔トラの子育ては順調ですので、ご安心いただければと思います。




……。

ここまで文章を書いて上から読み直してチェックしてたんですが、『ローラがこちらをある程度許容してくれていたので、ちょこちょこ様子を見ながら大丈夫なラインを探りつつ接して、今日一瞬部屋に入らせて掃除させてくれたので、今日はそのときこっそり盗撮してきた成果物を…』って文、ここだけ抜き取るとなんかアレですね…。
トラ相手だから許されます(?)が、人間相手に同じことをすると捕まるのでやめましょうね、と一応書いて、今度こそおしまいです。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会