NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 4月 7日
「【飼育の日企画~よく聞かれる質問~⑤】」

4月19日は飼育の日!!

動物園や飼育の仕事について多くの方に知ってもらうため、
419(しいく)の当て字にちなんで、日本動物園水族館協会が制定したものです。

浜松市動物園では飼育の日の企画として、
スタッフ日記で「浜Zoo飼育員あるある」を紹介しています\(^^)/


今回は、よく来園者からいただく質問にお答えします!(笑)

Q、飼育員は動物の絵がうまいのですか?


A、『飼育員だからといって動物の絵がうまいとはかぎらない!』です。

飼育員はみんな動物の絵がうまいと思っている方多いのではないでしょうか?もちろん絵がうまい方は多いです、しかし中にはとても味のある個性的な絵を描く方もいます。

▽飼育員に『ウサギ』を描いてもらいました
(左:写真/中央:飼育員A/右:飼育員B)

個性豊かなウサギたち・・・
そんなイラストを描く飼育員が作る看板が動物園内にはたくさんあります。
看板には動物たちの名前の紹介や、生態の説明などなど、より来園者にわかりやすく、見ていて飽きないような工夫を試行錯誤しながら作っています!


▽園内にある看板

      あるある④


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会