NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 3月 19日
「【水禽池】芝を生やそう作戦」

みなさん、こんにちは(^^)
今回は、水禽池(フラミンゴのいる池)からです。

お客さん側からだとあまり見えませんが、水禽池の陸地には石がゴロゴロあります。
そのため、足場が固いのが現状です。
土も、雨でカチカチになってしまいます。

私が見た限り、野生のカモやガン、ハクチョウたちはこんなカチカチなところで暮らしていません。
また、足場が固いことは、鳥たちの足の病気につながります。

少しでも柔らかくしようと、定期的に土を入れていますが、斜面になっていて雨が降ると流れてしまいます…。

困りました…。



そこで!
足場が柔らかくして、土を流れなくするために、芝を生やそう作戦を実施しています!
なんと分かりやすい作戦の名前!!

↓ビフォー


↓アフター


あとは、根付くことを願うばかり!

しかし、そんな簡単ではありませんでした。

↓アフター2


剥がされてる…。
食べられてる…。

当園にいるカモたちは雑食ですが、植物を好む傾向にある種類が多いです。
特に、ガンの仲間。

美味しいのでしょうね。
私が見たときは、マガンとカナダガンが美味しそうに食べていました。

芝生が無くなるのが先か、根付くのが先か、飼育員はひやひやしながら見守ります。

なお、芝生と芝用の土は、サポーターさんの費用から購入させていただきました。
ありがとうございました(^^)

↓早速、オオハクチョウが使ってくれていました!


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会