NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 3月 3日
「アラタミライ日記 はなれんしゅう」

臨時休園中ですが、レッサーたちは変わらず元気に過ごしています。


↓のんびりとくつろぐ様子。

さて、最近ミライの親離れの練習を始めました。

まずは経緯を説明しようと思います。

今はちょうどレッサーパンダの繁殖シーズンとなります。
ここで交尾をし、うまく妊娠したならば夏くらいに生まれます。
そして、生後一年半程度で性成熟するとされています。


つまり、アラタミライは来シーズンまでには性成熟し、オトナになることが予想されます。
そのため、アラタはともかく、オスのミライは一緒にいられなくなります。


今ではわんぱく盛りで怖いものなしのミライですが、元来は怖がりでキララにベッタリでした。
いきなり一匹で隔離すると、パニックになってしまうやもしれません。

そこで段階的に馴らしていくこととなりました。


まずは、手始めにチイタがいつも使っている部屋を開放しました。

最初はキララもアラタも一緒になって、探検していました。
アラタは早々に飽きたのか、さっさと戻ってしまいましたが。


↓チイタの寝室で好き勝手するミライ。

↓満足したようです。

これから他の寝室も開放していったり、試験的に短期間隔離してみたりと、順次親離れの練習をしていく予定です。


ミライの一人立ちならぬ一匹立ちを暖かく見守っていただければ幸いです。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会