NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 1月 27日
「【アメリカビーバー】今年の顔になれるのか!?」

皆さんこんにちは!
干支がネズミ年のおかげか浜zooカレンダー効果なのか、最近ビーバーを見に来る方が多い印象です。

でも、ビーバーなかなか見れないんですよね~笑
というのもビーバーは夜行性の動物です。当園では4頭飼育しており、15時ごろから起きて外のプールを泳ぎ始めます。
その時間に合わせエサも与えるので、15時ごろに見に来るとエサを食べているところを見ることができるかもしれません!!

エサはリンゴやサツマイモ、ニンジンなど硬いものをあげています。ビーバーの歯は毎日伸び続けるため、硬いものを与え自然に削れるようにしています。その他にはシイの木をいれています。これは歯の伸び過ぎ防止の他に、巣の材料でもあります。ビーバーは木を巣に持ち帰り鰹節のようにかじります。
▽こんな感じ

これが巣の中にぎっしりあり、ふかふかになってます。

▽かじられた木

浜松市動物園は現在限定入園期間中で閉園は16時です。
15時から運動場に出始めるビーバーはある意味1番見ることが難しい動物かもしれません。お越しの際はぜひ挑戦してみてください!笑

P.S.ビーバーの鳴き声は「ウーウー」


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会