NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2019年 10月 30日
「レッサーパンダの双子 初めてのお外」

昨日のブログでも告知しましたが、28日にレッサーパンダの双子が初めて外へ出た時のお話です。


扉を開けるやいなや颯爽と外へ出ていったキララを茫然と見つめる双子。

はじめの一歩を踏み出したのは、やはり好奇心旺盛な上の子でした。
怖がりな下の子は上の子が出た後もしばらくためらっていましたが、大好きなキララを追って恐る恐る外へ出ました。

一度外へ出てしまえば、そこは新たな発見に満ちた新世界。
すぐに戻るということもなく、大冒険が始まりました。

こんなハプニングも・・・

後肢しかかかってないのに自力で体を持ち上げて戻れるなんて、すごい運動能力ですね!

こうした経験を経て危ない場所や動き方を覚えていくのでしょうね。

めげずに壁際も攻めます。

ここはよくチイタやキララが休息する場所なのですが、巣箱の上に引き続き双子に取られてしまうかもしれませんね(笑)


その後も外の世界を存分に楽しむ双子。
とても楽しそうでした。

よほど楽しいのか全然帰ってこず、私たちの仕事がガンガン押されたのはご愛嬌^_^;
下の子は基本キララについていくので、キララをリンゴでつれば一緒についてくるのですが、マイペースな上の子が全然帰ってきませんでした(笑)
結局45分くらい外の世界を楽しんでいました。


双子のお外の練習ですが、その日の双子の起床や飼育員の作業の都合を鑑みて随時おこなっていく予定です。
そのため、事前にお知らせすることが難しいので、ご了承ください。
ただし、最初の方は平日におこなうと思います。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会