NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2019年 7月 30日
「レッサーパンダの赤ちゃんの様子」

レッサーパンダの双子がうまれてもうすぐ一か月です。

キララは初産だったため授乳や子育てが上手くできるのか不安だったのですが、本当に母親としてよくやってくれていて、私達飼育員も一安心です(^-^)


双子はキララの愛を受け、毎日目覚ましい速度で成長しています。
双子の体つきや行動に早くも違いがでてきています。

↓写真上

先に生まれた上の子。

現時点では全体的に黒っぽい。
体や顔の模様も下の子よりも早く出ました。
そして、とにかく元気でよく動きます。
また、抱きつき癖があるのか、よく下の子に抱きついています。
抱き心地がいいんですかね(笑)

↑写真下

後に生まれた下の子

現時点では全体的に白っぽい。
おっとりしているのかぼんやりしているのかあまり動きません。
生まれたばかりのころは体が小さく、全然動かないため飼育員を心配させました。
生後一ヶ月経っても変わらずあまり動きません。
でも、授乳のときはすごく元気になります(笑)
あまり動かずおっぱいはたくさん飲んでいるからか、最近は体のサイズで上の子を追い越してきた気がします(^^)
なお、上の子の抱き枕にされたりキララに下敷きにされたり、割といいように扱われています。
上の子とキララに挟まれているのが定位置となりつつあります。

文章では伝わりづらいと思いますので、巣箱内カメラの映像を載せておきます。
上記のことを念頭に置きながら見ていただくと、どちらが上の子でどちらが下の子か分かるかと思います(^^)



 レッサーパンダの赤ちゃんの様子


windows向け映像iphone,ipad向け映像

※都合で動画の一部が早送りっぽくなっております


もうすぐナイトズーですが、まだ巣箱に入ってお世話をしているため、キララと双子の展示はおこないません。
もうしばらくお待ちください<(_ _)> 代わりにチイタが頑張ってくれると思いますので、八月の土曜日はぜひナイトズーへおこしください(^-^)


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会