NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2019年 3月 25日
「春ですね☆新人ダチョウ特別編」

こんにちは!
最近は暖かい日が増え、仕事をしていると暑い時もあります!

たんぽぽが近くに生えていたので、

モスにあげました。
春だなあと感じたキリン担当です。


さて話は変わりまして、

リョウと

新人ダチョウのお話です。

←がついているのが新人のダチョウ(134番というタグが付いているダチョウです)です。

ちょうど、来園してから1か月ほどが経った頃、134番の新人ダチョウが大放飼場で座っていました。
すると、リョウが近くに寄ってきました。
新人ダチョウは、この1か月で、キリンは何もしてこない優しい動物だと思っていたのだと思います。

でも、リョウは人にも他の動物に対しても距離をあまりとらない性格のためか、まったく逃げていかない新人ダチョウが気になったらしく、前足でちょっかいを出していました(-_-;)

その時、少し踏んでみようかな…とリョウは思ったのかもしれません。(今まで、キリンがダチョウを踏んだこともダチョウが踏まれたことも1度もありません。)
新人ダチョウも、かなりどんくさいタイプだと思います…。

踏まれたときに、新人ダチョウはびっくりして立ち上がり逃げました。
逃げた後に、キリンの様子を見ながら、新人ダチョウだけバックヤードに移動して、治療しました。
血は出ているものの、骨は折れてなかったので、よかったですが、新人ダチョウにも、リョウにも、動物同士の距離間を保って欲しい限りです(-_-)

現在はしっかり治って、キリンと共に大放飼場に出ています。
まだこれから長い間キリンと過ごしてもらうので、うまく付き合ってくれることを願うばかりです…。先が思いやられます。



浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会