NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2019年 1月 20日
「イノシシとミニブタのどうぶつガイドを行いました」

本日も多くのお客様にご来園いただきありがとうございます。

浜松市動物園では、毎月1回、飼育員によるどうぶつガイドを行なっています。

年明け1回目のどうぶつガイドは、今年の干支イノシシと、イノシシを先祖にもつミニブタのガイドを行いました。

現在浜松市動物園では、イノシシのノシシ(メス)と、その隣にミニブタのリンカ(メス)とカリン(メス)が暮らしています。

イノシシとミニブタが食べているエサの説明や、3頭の日頃の様子について担当飼育員がガイドしました。

ミニブタは双子の姉妹ですが、カリンは活発で、リンカはおとなしく、性格も食べるエサの量も違うそうです。

昼間は寝ていることの多いノシシですが、今日は曇り空のせいか、ガイドの間も起きていて、元気に動いていました。

どうぶつガイドにご参加いただいた皆様、ありがとうこざいました。
次回のどうぶつガイドは、2月17日(日)11時から「ツキノワグマ」です。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会