NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2018年 5月 23日
「アシカの赤ちゃんずブログ☆24 ~離乳までのお話その2~」

5月1日からイカを食べるようになったずんだ。
この日からアジやワカサギに加え1日あたり100gのイカを与えるように。

担当としては、イカと一緒にアジの切り身などを口に入れ飲み込んで欲しかったのですが、なかなか上手くいきません。

短冊状に切ったイカをアジの切り身と一緒に手渡しますが、
クンクンクンと匂いを嗅いで終了。

自分が食べたいのはイカだけでそれじゃないんですけど、
と言わんばかりの眼差しでこちらを見てきます・・・

5月4日からはエサを飲み込むことに抵抗が無くなるように、
イカを大きめのブツ切りにして与えました。

イカはどんなに大きく切って与えても、
何とか飲み込んでやろうと格闘するずんだ。
アジとの反応の違いに何度も心が折れそうになりました・・・(´ω`;)

バットの中にイカが残ってないか確認するずんだ・・・

イカを食べ始めたものの1日の採食量は少なかったので、
少しばかり寝ている時間が増えてきたずんだ。
そこでひとまずたくさん食べさせて、元気回復作戦!
最大で1日にイカ5杯を与えていると、だんだん動きも活発に。

この頃になるとバックヤードでの生活にも、人にも慣れてきました。
そこで5月14日に体重測定を行いました。
入口にケージを置くと少し時間はかかりましたが自ら中に!

体重は44.6kg、移動初日と比べ約8kgほど減少。

ですがアンコのミルクで蓄えられた脂肪のおかげでまだまだ元気!
見た目も少しスマートになりました。

つづく・・・


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会