NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2018年 5月 4日
「クロヒョウの赤ちゃんの成長記録」

3月2日にクロヒョウのシュヴァルツが2頭の赤ちゃんを出産しました。
2頭とも、無事にすくすくと成長しています。
今回は、これまでの成長記録を少しだけご紹介します♪


生後1日目
出産の翌日、2頭の仔を確認出来ました。まだ目も開いてない状態ですが、体つきはしっかりしていて元気に動いていました。体も乾いていて、お母さんがしっかりお世話してくれているのが分かります。
数日注意深く観察し、授乳も確認できて一安心。

生後8日目
目が少し開いてきました。この頃から、たまに鳴き声が聞こえるようになりました。


生後21日目
この頃になると、目もしっかりと開き周りの様子を見るようになります。まだ歩き回ったりはせず、1日巣箱の中で過ごしています。

生後35日目
この辺りから、お母さんがエサを食べに出てくるとき、一緒に付いて出てくるようになりました。まだ歩き方がおぼつかなく、よく転んだりします。


生後37日目
この日はなぜか巣箱の上に。自分で登れる高さではないので、お母さんが運んだと思われます。何でかは分かりませんが・・・。そのうちまた運ばれて巣箱に戻っていきました。
1週間ぐらい子供が巣箱の上に乗っている時間帯がある日が続きましたが、それ以降はなくなりました。一過性のブームだったんでしょうか。
ちなみに、写真左下の黒いのはお母さんのシュヴァルツです。子供が丸見えなので、怒ってこっちに向かって来ています。いや、運んだのあなたでしょ・・・。

生後41日目
この頃から、エサのお肉に少しずつ興味を持ち始めました。写真の頃は手で突っついたり匂いを嗅ぐだけでしたが、だんだんと舐めるように、そしてかじりつくようになっていきます。


生後51日目
色んなものに興味を持つようになってきました。頻繁にうろつくようになり、お母さんも多少子供がこっちから見える状態でも怒らなくなってきました(諦め?)。子供同士でじゃれ付いたり、お母さんに飛びかかって遊んだりと子供らしさが出てきています。
写真はお母さんにエサを与えているときに、こっちに興味を持って近付いてきた様子です。
自分から近付いてきたのに・・・

勝手に怒り出しました。なんだキミは。
(この後お母さんが飛びかかってきます。無実なのに・・・。)



というわけで、最近までの成長記録でした。
現在は、少しずつお肉を食べるようになってきています。

皆様へのお披露目はもう少し先になりますが、今のところ順調に生育していますので、クロヒョウ親子の成長を暖かく見守っていただければ幸いです。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会