NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2018年 4月 4日
「コモン成長記⑤-2」

コモンマーモセットの双子がうまれてから早くも3か月がたちました。
親兄弟に抱かれることはほぼなくなり、一匹で元気に走り回っています。

先月あげたブログにて、双子が好奇心から屋外展示場の木の葉っぱを千切って困っているとご紹介したのですが覚えていますでしょうか。
今回はその後をお伝えします。


当初はしばらくしたら飽きてやめるかなと思っていたのですが、思いのほか楽しめているようで、いまだにプチプチと千切ってくれています。
それどころか、双子が葉を千切るのを見て父親のエムや兄弟たちも参加する始末・・・(-_-;)

下の写真をご覧ください。
一月たちましてこんな状態になってしまいました。

このままでは枯れてしまうということで、この度、樹を隣のゴールデンライオンタマリンのエリオの部屋のものと交換しました。


↓だいぶ見栄えがよくなりました。傷んでしまった樹はエリオの部屋でしばらく療養します。

早速物色を始めるコモンたち。

少しは警戒心とかもってもよいと思うのですけどね(;^_^A

葉を取り合っています。

取り合わなくてもたくさんあるので自分で採りに行けばよいと思うのですが、隣の芝生は青いということですかね。


この調子ですと今回の樹も長持ちはしないかもしれませんね。
樹の追加なり別プランを考えるなりしなくてはいけないかもしれませんね(+_+)


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会