NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2017年 8月 15日
「傷病野生鳥獣の保護について」

浜松市動物園では、静岡県からの委託を受け、中遠、西部地域の傷病野生鳥獣の保護・治療を行っています。


こちらは、4月に保護されたフクロウです。

目がぱっちりですね。

動物病院で治療を行っていましたが、元気に飛べるようになりました。

もともと野生動物なので、ケガなどが回復すれば自然に帰します。

外に出され、いよいよ野生復帰か、と凛々しい顔。

ではなく、実際は

捕まえられたショックで、移動用ケージの中で仰向けで固まっているところです。
しばらくそのままでいましたよ。

不安になりながらも、放鳥場所へ連れていくと、
元気に遠くへ飛んでいって、見えなくなりました。
(あっという間だったので、写真が撮れませんでした・・・)

元気でね。

傷病野生鳥獣を発見した際は、動物園ではなく、まず地域の農林事務所へお問合せください。
保護・治療をするかの判断は農林事務所が行うことになっています。


静岡県西部農林事務所 森林整備課(浜松市・湖西市)
053-458-7235
静岡県中遠農林事務所 森林整備課(浜松市・湖西市以外)
0538-37-2302


よろしくお願いします。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会