NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
交通アクセス English

スタッフ日記

2017年 7月 7日
「いろ鳥どり日誌 第6羽 猛禽類編 ~紹介~」

皆さん!こんにちは!(^^)/

今回は猛禽類編!ということで、ワシ・コンドルの紹介をしたいと思います!


ところで・・・皆さん、猛禽類って何か知っていますか?

簡単に説明すると・・・飛翔力が高く、鋭い嘴と爪をもち、主に哺乳類、爬虫類、鳥類などを捕食する鳥のことをいいます。

漢字の意味を調べてみると・・・。
猛→たけだけしい・あらあらしく強い
禽→鳥・鳥類
類→~の仲間、~の種類

猛獣という言葉がありますが、猛禽は猛獣と同じく、肉食で、殺傷能力が高い鳥ということですね。(^-^)

危険動物ですから、特に中に入って掃除やエサを与える時には、緊張感をもって仕事をしています!



さて、では当園の大型猛禽類の紹介をしていきます♪
現在、オジロワシ、ハクトウワシ、オオワシ、アンデスコンドル、ヒメコンドルを飼育しています。

普段は、下に降りてくることはなく、高いところにじっといることが多いです。

そして、あまり動きがない為、猛禽類の人気度は低いかもしれません・・・。(^-^;

しかし、動く時間帯もあります!
特に、私たち飼育員が掃除に入る時間(10時頃)とエサの時間(15時前後)が、一番動きますよ!

普段、なかなか見ることができない動きがあるからこそ、それを見た時の喜びや楽しみがあると思います☆

それから、じっとしていることも意味や理由があります。
なぜ、動かないのか?いつも同じところでじっとしているのかな?どうしてなのかな?と想像を膨らませながら見ることも面白いですよ♪(*^^*)


ぜひ、皆さんも、動物園に来て頂いた時、そういった新たな動物たちの発見や行動の面白さを感じ、想像力を掻き立てながら、楽しんで頂けたら嬉しいです!

急に暑くなってきましたので、暑さ対策をお忘れなく、動物園へ遊びに来て下さいね!(^^)/


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会