NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
交通アクセス English

スタッフ日記

2016年 9月 21日
「マンドリルがうまれました」

9月15日にマンドリルの赤ちゃんがうまれました♪
男の子です♪

現在、赤ちゃんはお母さんのティアにしっかりと抱かれて元気に育っています。

ぜひ見に来てください(^-^)
なお、見に来るならお昼以外がおすすめです。
お昼あたりは暗くて落ち着くのかジェナやヒトの視線がさえぎられるからか、外の木箱(駆け込み寺)に入ってしまっていることが多いためです。

以下、マンドリルの近況です♪



お父さんになったジェナ。最近は肩のあたりに筋肉が付き始めてだいぶ立派な体型になってきました。
あかちゃんには興味があるようですが、無理に触ったりはせず、じっと覗き込むような感じです。

お母さんになったティア。前園での3回も含めて今回で4回目の出産となりましたが、初めて無事に赤ちゃんが育っています。
メスの中でも特に体が小さいため、出産前にはこれでもかというくらいお腹が張れていました。こんなに脹れているのにまだ産まれないのかとヤキモキしたものです。
しかも、14日の朝に大量に鮮血を出血したため、胎盤剥離でも起こしたのではないかと飼育側は大騒ぎでした。
結局、その日の夕方までには生まれず、夜から朝にかけて無事に産んだようでした。
生まれたら生まれたで、今度はティアの乳房に張りがないので十分な量のお乳がでているのかという心配事が発生。
もし、十分な量がでていなく、赤ちゃんが衰弱してきたら一時的に赤ちゃんを取り上げて人工保育をしなくてはいけません。
しかし、幸いなことに授乳も継続的に観察され、数日たっても赤ちゃんも元気なままでしっかりとお乳を飲めているようなので一安心。
なかなか心配事は絶えません(^_^;)
まぁ、どれも杞憂ばかりですが・・・。


ティアは赤ちゃんが大事なようで、ひと時も放すことなくしっかりと抱いてくれています。
初日から床に放置していたお隣のドグエラヒヒのアカリとは大違いです(^_^;)
アカリにもティアの抱き方を見て次回の参考にしてもらいたいものです(ー▽ー)


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会