NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2016年 8月 14日
「バフィンとモモ」

皆さんこんにちは。

モモの怪我については、ご心配をおかけして申し訳ありません。

怪我の原因は、現場を見ていた者がいなくて確認できていませんが、おそらく放飼場で遊んでいるときに左後ろ脚をひねったように思われます。
オモチャで遊びながらも左足をひきずるようにしていました。
放飼場に出ると運動量が増え足に負担をかけることになるので、しばらく室内で安静にします。
室内では二つの部屋を行ったり来たりしています。
バフィンは落ち着いていますが、モモは外へ出たいような素振りをみせます。
室内で過ごすことで運動量が減るので食事の量を調整しています。モモへのお見舞いの食べ物等の差し入れは遠慮させていただきます。
経過についてはまたご報告させていただきます。
あたたかく見守っていただけましたら幸いです。

▽ 8月14日のモモとバフィン

▽ 扉のすきまから外を覗くモモ。この時に頭を押し付けるようにするのでおでこにハゲができたと思われます。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会