NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2019年 3月 30日
「◇フンボルトペンギンの子ども◇」

皆さんこんにちは!
常連の方はすでにご存じかと思いますが、やっとご報告することができるのでお知らせします!!
12月にフンボルトペンギンが2羽、ふ化しました!

※スペースの都合上1羽のみ掲載

生後1か月ぐらいまでは親のお腹の下でエサをもらいます。
記録のために写真を撮りたいのですが親鳥に怒られてうまく撮れなかったです。(笑)

もふもふです。
この羽は“幼綿羽”といい、保温や皮膚の保護の役割をします。生後約2か月を過ぎると、この羽が大人の羽に生えかわり、体がシュッとなり泳ぎ始めます。

現在3か月経ちましたが特に怪我や病気もなく元気に育っています。どうか2羽の成長を温かく見守って下さい!

P.S.フンボルトペンギンの胸のポチポチ模様は一生変わらないそうです。ぜひもう一度、写真を見返してみてください。(笑)


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会