NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
交通アクセス English

スタッフ日記

2017年 7月 9日
「クロザルベイビー成長記④」

クロザルの鶴天が生まれてから早くも3ヶ月がすぎました♪

家族の強い愛を受け、けがや病気等もなくすくすく成長しています。

↓ペレットをほおばる鶴天。一つほおばるともういっぱいです。

写真だとちょっと分かりづらいかと思いますが、鼻のまわりが黒くなってきています。
あと生え際がだいぶ前進してきましたね。
(裏話ですが、生誕日の鶴天は顔が真っ赤でくしゃくしゃで頭の毛がてっぺんらへんまで禿げていていました。それで名前の候補だったセンベエを押しのけて鶴天になりました。)

↓ポールで遊ぶ元気いっぱいな鶴天


鶴天にごはんを食べさせてあげているように見える一枚。

実際は逆で鶴天から奪い取っています(笑)
この世は弱肉強食ですね。


くりきんとんは相変わらず鶴天を抱きたくてしょうがないようです。

ピースケを毛繕いしてご機嫌をとったり、一人でいる鶴天を半ば無理やり抱いて連れ去ろうとチャレンジしています。

しかし、やはりピースケにすぐにとがめられ、ピースケがさっと鶴天を取り上げて懐にしまいます。
それでもくりきんとんはあきらめがつかないようでピースケの懐に手をまわします。
なかなかしつこいですよね(笑)


家族にとっても愛されている鶴天。
愛が強いが故にけっこう強めにぐいぐいと手足を引っ張られたりしていて、ヒトの感覚だと痛そうに感じますが、彼らはとっても丈夫ですし彼らなりに手加減して扱っているのでご安心ください。
鶴天もどこぞをひっぱられた状態でぐいぐい前進し、パチンとはじけても声ひとつあげずに平気な顔をしていますしね(-_-;)


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会