NPO法人 浜松市動物園協会 浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会
交通アクセス English

飼育員だより

2017年 6月 19日
「いろ鳥どり日誌 第5羽 〜鳥だって最初は飛べない!〜」

皆さん!こんにちは!(^^)/

梅雨に入り、ジメジメしますね〜
体が暑さになれるまでは、疲れやすいので、皆さん、良く食べて、しっかりと睡眠をとって下さいね(^^)/




さて今回は、あるクジャクバトのエピソードです☆


クジャクバトは地面に巣を作ります。
そのため、U字溝の中に巣を作ることが多いのですが、ヒナがある程度育ってくると、毎回のように他の個体がヒナをつつき、ケガをして、死んでしまうこともあります。

今回はヒナを守るために、他の個体が巣に入ってこられないように、親子だけをU字溝に入れ、出入り口をふさぎ、羽がしっかり生えてきたころ、親子一緒に出してみよう!ということにしました!(*^-^*)



そろそろ、羽もしっかり生えてきたので、外に出してみることに♪


すると!?


親はしっかり飛んでいったのですが、子どもはそのままパタパタ・・・・ポトっと地面に落ちてしまいました。


あれ?
捕まえてもう一度飛ばしてみるのですが、うまく飛べません!!(゜o゜)


正直、鳥は成長すれば飛べると思っていたのですが・・・U字溝の中では狭すぎて、羽を広げて、はばたく練習ができなかった為、飛べなかったのです!


私たち人間も、最初から立って歩くことはできません。立ちあがる練習、歩く練習をしたからこそ、歩けるようになるのと同じです(*^^*)

ということで、はばたく練習をしました♪


すると、ちゃんと親が近くに来て、見守っていましたよ(^-^)

数週間後、無事飛べるようになり、今はフライングケージの中を飛び回っています(^^)/♪



しかし・・・子どもを心配する親心も(*^_^*)
そして!練習するからこそ、飛べるようになるということも、鳥も人間も同じですね♪


NPO法人 浜松市動物園協会