NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
交通アクセス English

スタッフ日記

2017年 3月 31日
「キリン飼育日誌 Vol.70 ~最終回!4年間ありがとうございました!~」

皆さん、こんにちは!(^^)/
今年は桜の開花が遅く、待ちどおしく思う今日この頃です!

さて、突然ですが・・・今日をもちまして、このキリン飼育日誌は最終回となります!!!

正直、Vol.100を目指していましたが・・・
明日4月1日より、新しい班へ変わることになりました。




思い起こすと、今から約4年前の4月。
まだリョウが一頭でいた頃から始まり、健康管理のために始めたハズバンダリー
トレーニング。
とても臆病なリョウに最初は、少しずつ、大きな音や見たことがない物に慣れさせていきました。

1日2回、班のメンバーや獣医師と協力しあい、トレーニングを行い、今では採血、体重測定、体温測定などもできるようになりました!(^o^)

こればかりは、私1人の力ではできなかったことなので、トレーニングを教えて下さった方々、一緒に取り組んでもらったスタッフには、感謝の気持ちでいっぱいです!!m(__)m

リョウ自身もトレーニングしていく中で、自信がついてきたのか、以前よりも臆病さがなくなりました。
そう思うと、リョウも成長したなぁ~と感じます。(*^^)




2014年3月3日には、京都市動物園からシウンが来園。
今まで1頭で過ごしてきたリョウは、すぐにシウンにメロメロ!!
あまりのリョウのしつこさに、シウンが逃げ回り、どうしたら落ち着いて一緒にいられるのかな~(*_*;と悩んだ思い出があります。

一度、リョウが思う存分、シウンと一緒にしてあげようと思い、一緒にさせたところ、
パタッと追いかけるのをやめました(笑)

それから、しばらくしてシウンが妊娠、そして出産☆
ちょうど出産に立ち会えことが、私にとって貴重な体験となりました!!
最初にお乳が出なくて心配しましたが、無事出るようになり、ホッと一安心したことも。

シウンの子育て、ゴロウマルの成長ぶりの様子を間近で見てきて、キリンの子育てから学び、キリンの成長と共に、変化していく行動、その不思議さ。
また、個々の性格の違いが、キリンも人間も同じだな~と感じたり、性格成形していく中で、より良い環境を作っていくことも大切だと思いました。(*^_^*)

最後に、ゴロウマルは今、輸送箱に慣れていく練習をしています。いつまでここにいられるのか分かりませんが、いずれ浜松市動物園から他の園へと旅立っていきます。

ゴロウマルには、新しい場所で家族を作り、元気に幸せに
暮らしてもらえたらな~と願っています☆

皆さんも、ゴロウマルが旅立つ日まで、見守って頂けると嬉しいです!(^-^)

この4年間、キリンたちと関わってきた中で、貴重な経験をさせてもらえたこと、多くを学び、自分自身とても成長させてもらえました!
一緒に過ごした日々は本当に幸せでした!!!

そして、「当たり前にある日常はない!」ということを、今離れてしまう状況だからこそ、改めて思います。
「どの担当になっても全てをやりつくすことはできない。」と、ある飼育員さんがかけてくれた言葉です。

やりつくすことができないからこそ、1日1日、いま自分ができること、やりたいことを後悔のないように行動していくことが大切です!



最後になりますが、皆さん!4年間本当に本当に、ありがとうございました!!!m(__)m
動物たちが教えてくれたこと、学んだことを、新しい班でも生かせるように、一からまた頑張ります!!

それでは、キリン飼育日誌blogは最後となりますが、また次からが新しいスタートです!
皆さんにとっても、新たなスタートになりますように、応援しております!☆(^o^)/


                 飼育員 松下


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会