NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
交通アクセス English

スタッフ日記

2017年 1月 12日
「ミニブタ&ダチョウ運動場への土入れの様子」

普段動物園の動物たちが暮らしている運動場や寝室の足元は、土や芝生、砂、コンクリートなどそれぞれの動物に合わせて作られています。

その中でも地面が土や砂のところは、雨風で流れたり、動物の脚にくっついたり、掃除でなくなったりと段々土が減ってしまうため、定期的に土を追加しています。

今日はミニブタの運動場とダチョウのお部屋(非公開エリア)に土を搬入しましたので、その時の動物たちの様子をお伝えします♪


まずはミニブタ!

ミニブタはよく地面を掘って遊んでいるので、わざと山を作ったりもしました!(^^)!

土入れのあと、さっそく掘って遊ぶかな~と思っていたんですが、

寒いので、すぐにヒーターの付いた部屋の中へ戻っていきました・・・(+_+)

・・・動物って素直。



続いてはダチョウです!

ダチョウのお部屋は、外と小屋とをダチョウが自由に行き来できるようになっています。
(現在は感染症対策でダチョウの展示をお休みしているため、終日この場所で暮らしています)

今回はその外の部分に土を入れました!


ダチョウがいるなかでの作業なので、ダチョウが邪魔近くをウロウロ・・・。

気になる・・・。




気になる・・・。


こんな感じのダチョウたちを手でどかしながらの作業でした(-"-)

途中フンを引っかけられたりもしましたが、なんとか無事(?)に終わりましたよ(ー_ー)!!



あんまり見る機会はありませんが、飼育員はこんなこともしています!

動物たちの運動場に土が入っているときは、裏で寒空のした汗だくになった飼育員たちがいることも少し思い出してくれたら嬉しいです(笑)


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会