NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
交通アクセス English

スタッフ日記

2017年 1月 7日
「今年は酉年!ということで・・・」

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします(^^)
今年は酉年ということで、これから何回か園内にいる鳥たちを紹介していこうと思います。
現在、鳥インフルエンザの予防でフライングゲージや猛禽類の観覧ができません・・・
ですので、それ以外の鳥たちから紹介していきます!

記念すべき第1回は・・・
「マナヅル」です。
お正月に合いそうな鳥だな!と勝手に思ったので、マナヅルから紹介します。

浜松市動物園には3羽のマナヅルがいます。
お父さん、お母さん、こども(オス)です。


こちらがお父さん。1990年生まれで、僕と同い年。


こちらがお母さん


最後に、こども。この子は2014年に浜松市動物園で生まれました。

マナヅルは、レッドリストの危急種(VU)という分類で、絶滅の危険性が高い生物とされています。
日本では、冬が近づくと越冬するために鹿児島県の出水平野に飛んできます。夏は中国やモンゴルなどで暮らしています。
この出水平野はツルとツルの渡来地として、国の特別天然記念物に指定されています。

そんなマナヅルは、普段と変わらず観覧できますので、ぜひ見に来てくださいね!
次回は、同じツルの仲間で「ハゴロモヅル」を紹介します。お楽しみに!


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会