NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
交通アクセス English

スタッフ日記

2016年 1月 20日
「アメリカバイソンが同居しました!」

さて、全国3000万人(適当)のバイソンファンの皆さま、お待たせ致しました!


長い間別々に暮らしていたアメリカバイソンの「シャリバン」と「プレサージュ」ですが、昨日1月19日より、同居しました!

コアなファンの方は「あれ?」と思うかもしれませんが、
以前の記事でも書いた通り、アメリカバイソンは赤ちゃんが生まれても飼う場所がないため、浜松市動物園では2頭別々に暮らしていました。

この状況は残念ながら今でも変わっていません。繁殖させるのは厳しいというのが現状です。
ですが、本来群れで生活している動物ということや、分けているエリアの片方が狭いなどの理由から、以前からずっと同居させたいと思っていました。


そこで、今回、オスのパイプカット手術(避妊手術)をして同居しました!
(実は以前から水面下で進めていました(ー_ー)!!)


ということで、今回はシャリバン(♂)とプレサージュ(♀)の初対面の様子をご紹介します(^^)/


扉オープン!

待望のご対面!!!!

匂いを嗅ぐ・・・

すれ違う・・・



見ているこっちも「えっ」となりましたが、突然のことにびっくりしたのか、少し引き気味な2頭・・・(-"-)

数分はどこか気まずいような雰囲気でしたが、その後はシャリバンがプレちゃんを追いかけていましたよ。

特に大きなトラブルもなく、予想していたよりも静かなご対面でした。

というわけでバイソンの同居の様子、いかがでしたでしょうか?
2頭の人生(バイソン生?)のなかでも、上位に食い込むような大きな出来事だったのではないでしょうかね。
ちなみに昨日は終日くっついていた2頭ですが、今日は別行動している時間もありましたよ(>_<)


今後ですが、大きなトラブル等がない限り、基本的に一緒に運動場に出ています。
2頭一緒になったことで、オスメスの体格の比較や、新しい行動、動きなども見られるようになると思いますので、2頭の様子をぜひ見に来て下さいね!
お越しの際は防寒対策をお忘れなく!


なお、今回の同居に至るまでの経緯は、バイソン前に掲示してあるバイソン絵日誌(マンガ)の最新話でもお伝えする予定です(ー_ー)!!
更新は3月下旬頃予定なので、興味がある方はそちらもどうぞ!

ではでは!


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会